World Wide Bugs 日本と世界の昆虫 ロゴ

相互リンクお申し込み/お問い合わせはコチラ


 プロレス豆知識

 流行り技辞典

 プロレスにまつわる事件

 モバイル版

モバイル版QRコード

ワールドプロレスブックモバイル版
携帯からでもプロレス情報を配信しています。

 お問い合わせ

相互リンクのご依頼やお問い合わせはこちらからお寄せ下さい。

 LINK

当サイトと相互リンクして頂いているサイト様の一覧ページです。

 力道山刺殺事件

■力道山

(りきどうざん、男性、1924年11月14日 - 1963年12月15日)は、日本のプロレスラー。大相撲の力士出 身。第二次世界大戦終了後に日本のプロレス界の礎を築き、日本プロレス界の父と呼ばれている。

太平洋戦争前の日本併合下の朝鮮半島洪原郡新豐里(現在の北朝鮮統治範囲)出身。後に長崎県大村市の農家・百田家の養子となった。 本名は百田 光浩(ももた みつひろ)朝鮮名は金 信洛(キム・シルラク)。

身長176cm(プロレス時代の公称身長は180cm)、体重116kg。朝鮮在住時代に既に結婚し、子供もいたことからみて、実際は公称生年月日 より早く生まれていると思われる。

1963年12 月8日午後10時30分に、遊興中の赤坂のナイトクラブ「ニューラテンクォーター」で、住吉一家傘下の大日本興業構成員であった村田勝志と足を踏んだ、踏まないで口論になり、馬乗りになって殴打したとこ ろ、村田に下から登山ナイフで腹部を刺された。だが、自ら持ちかけた喧嘩ということもあり表沙汰にはせず、知り合いの勤める山王病院に入院。12月15日に化膿性腹膜炎で死去した。戒名は 大光院力道日源居士。

 

 

刺殺事件の顛末

 

女性と話していた力道山の横を村田勝志が通り掛る際、力道山が「足を踏まれた」と、後ろから村田の襟首をつかんだ。彼は踏んでいなかったので、 「踏んだ覚えはない」と反論するが、口論となり、「あんたみたいな図体の男がそんなところに立っていたらぶつかって当然」と言い放つ。この時、村田は懐中 に手をやる。それを見て力道山が「わかった。仲直りしよう」と言い出すが、それに対し彼は「こんな事されて俺の立場がない」と仲直りを拒否。和解を 諦めた力道山が彼の顎を拳で突き飛ばす。彼は吹き飛んで壁に激突し、顎がガクガクになった。さらに力道山は彼の上に馬乗りになり激しく殴打する。彼は「殺 される」と思い、ナイフを抜いて下から左下腹部を刺した。ナイフの刃は根元まで刺さったが、出血は衣服の上に染み出ていなかったという[1]

1日目は応急手当を受け帰宅。村田とは内内の話にするため手打ちの契約を 行う。(村田の所属団体の長小林楠扶がリキアパート内の力道山宅を訪問、謝罪し「この責任は自分がとる」と頭を下げたところ、力道山も「わかっ た」と納得したという。)

2日目に症状が悪化したため入院、外科医に山王病院へ来てもらい30針縫う手術を受け成功。山王病院は産科婦人科が中心の病院だが、力道山がここを選んだのは、話を大きくしないため親しい医者のいる病院にしたという。側近 たちは、赤坂にある有名な外科病院である前田外科への入院を勧めたが、力道山は嫌がったという。

7日目に腹膜炎による腸閉塞を理由に午後2時30分再手術。これも成功したと報告するが、その約6 時間後午後の9時過ぎに死亡した。

なお、死因は正式には穿孔(せんこう)性化膿性腹膜炎とされているが、諸説ある。ある説は、手術の際、麻酔を担当した外科医が、筋弛緩剤注射した後に気管内チューブの気管挿管を失敗し窒息し たという医療事故のためという[2]。 また他の説は腹膜炎はほぼ完治に近い 状態まで回復していたが、元々が力士出身であるため、食欲が非常に旺盛であった。腹膜炎を患っている期間は食事は勿論のこと、水の服用も厳しく制限され る。大量の酒を毎日当たり前のように飲んでいた彼は、空腹に耐えきれず、付き人に行きつけの寿司屋に寿司を注文するように命令し、序でに酒も買わせた。届 けられた寿司と酒を飲食して空腹感を抑えた彼であったが、寿司は生ものである。飲食した生ものやアルコールが完全に完治しきっていなかった患部に障り、こ れを以って病状が急変、急死したというのが真相であるという[3][要出典]

加害者の村田は、力道山の死を病院のベッドで聞いたという。犯行の当夜、大日本興業の所属する住吉一家と対立関係にあり、力道山とつながりの深い東声会の組員らにより暴行を受けて重傷を負い入院していたのである。小林楠扶 がリキアパートに謝罪に赴いた際、村田も同行した。しかし、「直接顔を合わせると、先生が興奮してしまう」という力道山側近の判断から、村田は外で待機し ていた。この時、周辺に集まっていた東声会組員から激しい暴行を加えられたものである。村田は初めは、小林の立場を考えじっと耐えていたが、我慢しきれず 力道山を刺した登山ナイフで、東声会組員一名を刺している。

 オススメのサイト一覧